妊娠超初期症状を見分けるポイント4つ

妊婦妊娠超初期という言葉をご存知ですか?妊娠超初期とは妊娠0週~3週目までのことで、本人にさえ自分が妊娠しているのかもわからないくらいの頃のことを指します。

ただそれを見分けることができるポイントもいくつかありますので今回はそちらについてご説明します。

高齢出産なども最近は多くなってきて不妊治療などで「妊活」をしている方も多いと思います。妊娠して2週目~3週目頃になると基礎体温が下がらないため日々基礎体温をつけている方は超初期のころから妊娠に気づく人も出てくると言われています。

またこのころになると母体に必要な酸素や栄養を取り入れようと体の変化も起こります。

つわりなどもはじまります。

このころになると差はあるものの一般的にはつわりの症状が出てきます。実際に吐き気が出るという事よりもまずは食欲がなくなり、ニオイに敏感になってきます。胸がむかむかしたりしてくるのもこういった症状の一部です。

おりものも変化します。

量が増えたり茶色や白いおりものが出てきたりするのも超初期症状の一つです。またピンク色のおりものがでたときは血が混ざっていないか確認する必要があります。

これを「おしるし」と思う方もいるかと思いますが、血が混ざっている場合は不正出欠の可能性があるので早めに産婦人科などで受診するようにしましょう。妊娠は非常にデリケートな問題なので早めにお医者様にかかるのがいいと思います。

心の変化にも要注意

妊娠超初期症状として心の変化も出る方もいます。イライラしたり、憂鬱感、無気力また集中力がなくなったりとさまざまな心理的な変化もみられるようになります。これはホルモンのバランスが崩れることが原因といわれ体の変化に伴いストレスがたまり始めることが原因とされています。

便秘や下痢の腸の問題

妊娠すると黄体ホルモンの分泌の変化により腸の活動が影響されます。これに伴って便秘になる方が非常に多いです。逆に体温の調節がむずかしくなるころなのでお腹を冷やしすぎると下痢などにもなりやすく流産の原因にもなりやすいので注意しましょう。


赤ちゃんいかがだったでしょうか?高齢化社会となり出生率も下がっている今日ですが子供を産むという事は人間の宝です。新たな生命を宿った妊娠の超初期段階からしっかりと母親、子供の両方をしっかりとケアするためにもこれらの変化に敏感になることも必要ではないでしょうか?

元気な赤ちゃんを産むために女性としてしっかりとした知識は持っておきたいですよね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ